いのちは贈りもの(NF・原作フランス)

フランシーヌ・クリストフ 著/河野万里子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novelsノンフィクション/nonfiction

いのちは贈りもの 表紙

『いのちは贈りもの――ホロコーストを生きのびて』

「わたしは運のいい子どもだった。父が捕虜になっていたから。」から始まる著者の体験談。フランスのパリに住んでいた6歳の少女フランシーヌは、母親とともにユダヤ人として捕らえられ、何度もの移送を繰り返しながら、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で死と隣り合わせの生活をする。それから、ドイツのトレヴィッツまで連れてこられて解放されるが、母親は心を病む。父親と再会する12歳までの記憶が、子どもの視点で描かれている。(土居)

出版社 岩崎書店
初版年 2017年
ISBN
ページ数 320頁
サイズ 20×14
対象年齢 12歳から
キーワード フランス、ユダヤ人、第二次世界大戦、ホロコースト

  • Iwasaki Shoten
  • 2017
  • 320 pages
  • 20×14
  • Age 12 +

本を探す/book search