ぼくはO・C・ダニエル(読みもの・原作アメリカ)

ウェスリー・キング 作/大西昧 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

ぼくはOCダニエル 表紙

『ぼくはO・C・ダニエル』

アメフトで活躍する兄と、兄を自慢に思う父を持ったダニエルが、自分が強迫性神経症(OCD)であることに気づいていく過程を描いた作品。13歳のダニエルは、アメフトクラブでは万年補欠で、夜は自分が決めた儀式をしなければ寝られなかったり、邪悪な言葉が耳に入ってきたりすることにうんざりしている。ある日、サイコサラとあだ名されている少女から、父親の殺人事件の謎を解いてほしいと依頼される。ダニエルの苦しみが読者にひしひしと伝わってくると同時に、サラとの友情関係が興味深い。(土居)

出版社 鈴木出版
初版年 2017年
ISBN
ページ数 352頁
サイズ 20×14
対象年齢 12歳から
キーワード 家族、強迫性神経症、友だち、アメリカンフットボール

  • Suzuki Shuppan
  • 2017
  • 352 pages
  • 20×14
  • Age 12 +

本を探す/book search