こうして結末は変わった(オーストラリア・読みもの・英語)

This is How We Change the Ending

作家:ヴィッキー・ウェイクフィールド Wakefield, Vikki

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

IBBYオナーリスト2022_文学作品

『こうして結末は変わった』

16 歳の少年ネイト・マッキーが主人公のYA 小説。家庭では継母と双子の弟を父の暴力から守る役割を求められ、学校生活も苦しみばかり。そんなネイトが、地域の青少年センターで、社会問題に関心をもつグラフィティ・アーチストのタッシュと出会う。そして、ネイトが人知れずノートに書き綴ってきた言葉が、タッシュの絵とあわさることで力を持つ。感情が生々しく語られるこの作品には、ユーモアと悲痛さが混在している。強い共感を呼びながら、ネイトの視点で社会問題を浮き彫りにし、八方塞がりの少年期と、そこからの逃げ道をみごとに探究している。脇役の描き方も秀逸。言葉とアートは、トラウマを乗り越える力になるのだ。


●作家について/アデレード在住の作家。金融やジャーナリズムなどの仕事に従事したのち、作家養成講座受講を経て現在に至る。おもにYA 作品を手がけ、若者たちの生き方を探求している。2011 年発表のデビュー作から高く評価され、2012 年と2014 年にアデレードの芸術祭でYA 小説賞を受賞。5作目の本書は、2020 年オーストラリア児童図書賞YA 文学部門受賞作品。

出版社 Text Publishing Company
初版年 2019年
ISBN 978-1922268136
ページ数 297頁
サイズ 23x15
対象年齢 14歳から
キーワード 友情、日記、青少年センター、家庭内暴力

This is How We Change the Ending

  • Wakefield, Vikki
  • Text Publishing Company
  • 2019
  • 297 pages
  • 23x15
  • ISBN 978-1922268136
  • Ages 14 +

本を探す/book search