ペイント(読みもの・原作韓国)

イ・ヒヨン 著 | 小山内園子 訳 | 伊藤敦志 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ペイント』

少子化が進んだ近未来、政府は「産んでもらえば国が育ててもよい」という政策を打ち出した。17 歳の主人公「ジェヌ302」は、国が運営するそうした施設で育っている。「ペイント」とは、施設の子どもが養子縁組をしたい親を選ぶ面接のことで、20 歳で施設を出なくてはならないジェヌも何度か面接をする。しかしジェヌは取り繕う人間が嫌いなので、なかなか話がまとまらない。子どもが親を選ぶという設定が斬新で、親子や家族のあり方について、人と人との関係について、新たな視点を読者に提供している。(さくま)

出版社 イースト・プレス
初版年 2021年
ISBN
ページ数 240頁
サイズ 19×13
対象年齢 12歳から
キーワード 近未来、親子、施設

  • 2021
  • 240 pages
  • 19×13
  • Age 12 +

本を探す/book search