海を見た日(読みもの・原作アメリカ)

M・G・ヘネシー 作 | 杉田七重 訳 | しらこ 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『海を見た日』

複雑な事情で里親に引き取られた子どもたちの物語。育児放棄の養母にかわり家事をしながら勉強する13 歳のナヴェイア、妄想の世界に生きるヴィク、アスペルガー症候群のクエンティン、英語が話せない幼いマーラの4 人は、同じ家に暮らしながら心はバラバラだった。ところがある日クエンティンの母親探しに向かう途中で、偶然一緒に観覧車に乗り、初めて海を見るという感動を共有して何かが変わり始める。年長の3 人が交互に語る形で状況が立体的にわかり、里親制度の現実も伝わる。互いに相手を気遣うようになり、笑顔を見せる結末にほっとする。(福本)

出版社 鈴木出版
初版年 2021年
ISBN
ページ数 288頁
サイズ 20×14
対象年齢 12歳から
キーワード 里親、里子、家族、障害

  • 2021
  • 288 pages
  • 20×14
  • Age 12 +

本を探す/book search