ぼくの弱虫をなおすには(読みもの・原作アメリカ)

K・L・ゴーイング 作 | 久保陽子 訳 | 早川世詩男 絵

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ぼくの弱虫をなおすには』

舞台は1976 年のアメリカ・ジョージア州。小学4年生で弱虫のゲイブリエルは、1 学年上のデュークたちにいじめられてばかり。友だちは、フリータだけ。ゲイブリエルは、5年生になるとデュークと同じ校舎になるので、進級したくないというが、フリータは怖いものを書き出して、それを克服しようという。フリータがゲイブリエルをいじめたデュークに殴りかかると、デュークの父がフリータをニガーと呼ぶ。弱虫とは何か、真の勇気とは何かが、学校のいじめや地域の人種差別を通して描かれていて考えさせる。(土居)

出版社 徳間書店
初版年 2021年
ISBN
ページ数 256頁
サイズ 19×14
対象年齢 10歳から
キーワード 人種差別、友だち、いじめ

  • 2021
  • 256 pages
  • 19×14
  • Age 10 +

本を探す/book search