火の鳥ときつねのリシカ(読みもの・原作チェコ)

木村有子 編訳 | 出久根育 絵

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『火の鳥ときつねのリシカ―チェコの昔話』

チェコの国民的作家エルベンと女性作家ニェムツォヴァ―が、19 世紀に収集したチェコとスロバキアの昔話22 編に、ほか2編を加えた昔話集。表題作は、王さまの末息子が、きつねのリシカの魔法の力を借りて困難を乗り越える不思議な話。ほかに、プラハの街に出没する水の精ヴォドニークの不気味な話や、拾ってきた切り株の赤ん坊が次々に人を食う怖い話など、一話ごとに違った雰囲気があっておもしろい。グリムやロシアの昔話に似た話もあるが、細部が異なりまた別の味わいがある。プラハ在住の日本人画家の挿し絵が美しい。(福本)

出版社 岩波書店
初版年 2021年
ISBN
ページ数 352頁
サイズ 18×12
対象年齢 8歳から
キーワード 昔話、魔法、チェコ、スロバキア

  • 2021
  • 352 pages
  • 18×12
  • Age 8 +

本を探す/book search