もっとも安全な嘘(オーストリア・読みもの・ドイツ語)

Gefährliche Wahrheiten

翻訳家:ビルギット=マリア・ファッフィンガー | 原作:ミーガン・ミランダ(英語) Trans. Birgit Maria Pfaffinger | Orig. by Megan Miranda

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

IBBYオナーリスト2020_翻訳作品(英語からドイツ語)

『もっとも安全な嘘』

17歳のケルシーは、長い間、怯えながら暮らしてきた。ケルシーは、母親が誘拐されたときに身ごもった誘拐犯の子どもなのだ。母親はどうにか逃げ出したが、それ以来17年間家を離れたことがない。母子はなるべく目立たないように暮らしていたが、自動車事故に遭い、クラスメートで消防団員のライアンに助けられて、メディアの注目を浴びてしまう。数日後、ケルシーが家にもどると、母親は姿を消していた。ケルシーは過去の恐怖と対決することになる。アメリカのベストセラー作家による息もつかせないスリラー。

*翻訳家について ミュンヘンで文芸翻訳を学び、2006年より翻訳家活動をはじめる。英語のYA作品を多く手がけ、キャサリン・プライス「スマホと別れる方法」(2018)、アンソニー・ライアン「火の女王」(2016)、ルイーザ・リード「愛のような嘘」(2015)などがある。

出版社 Carlsen
初版年 2018年
ISBN 978- 3-551-31642-4
ページ数 333頁
サイズ 21×14
対象年齢 14歳から
キーワード 誘拐、不安、家族、秘密

Gefährliche Wahrheiten

  • Trans. Birgit Maria Pfaffinger | Orig. by Megan Miranda
  • Carlsen
  • 2018
  • 333 pages
  • 21×14
  • ISBN 978- 3-551-31642-4
  • Ages 14 +

本を探す/book search