どうぶつのむら(ガーナ・絵本・英語)

Animal Village

画家:ネルダ・ラティーフ(文も) Nelda LaTeef

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

IBBYオナーリスト2020_イラストレーション作品

『どうぶつのむら』

1匹のカメが、セネガルのザルマ人に伝わるむかし話から得た知恵で、干ばつで荒廃した村を救う。飲み水がなくなると、カメは井戸を掘るようにと助言する。動物たちは地面を掘ってみるが、水が出てこないのでカメを追い出す。カメは別の場所で水が出るまで忍耐強く井戸を掘り、わいてきた水を持って村に戻り、他の動物にも分け与える。動物たちはカメに知恵があることを認め、困難な時には協力して問題を解決しなくてはいけないと悟る。あざやかな色のコラージュを用いた絵は、サハラ以南の文化の豊かさと活気を伝えている。ザルマ人の文化と地理についての情報も掲載。

*画家について ハーバード大学を卒業し、アメリカに住みながらアフリカ各地を歴訪している。「狩人と黒檀の木」(2002)は、イタリア語、ゲール語、韓国語に翻訳され、2003年にストーリーテリング世界資源栄誉賞等を受賞。本書は、アメリカの書評誌「カーカス・レビュー」が選ぶ2018年のベスト・インディ・ブックとなり、2018年の優秀文芸国際図書賞ではむかし話部門で金賞、絵本部門で銀賞を獲得。2019年にはCABAオナー賞も得ている。

出版社 Sub-Saharan Publishers
初版年 2018年
ISBN 978-9988-647-68-1
ページ数 34頁
サイズ 29×27
対象年齢 6歳から
キーワード 干ばつ、共同体、ザルマ人

Animal Village

  • Nelda LaTeef
  • Sub-Saharan Publishers
  • 2018
  • 34 pages
  • 29×27
  • ISBN 978-9988-647-68-1
  • Age 6 +

本を探す/book search