まぼろしの自転車乗り(エストニア・読みもの・エストニア語)

Fantoomrattur

作家:ミカ・ケラネン | 絵:マルヤ=リーサ・プラッツ Text: Mika Keränen | Ill. Marja-Liisa Plats

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

IBBYオナーリスト2020_文学作品

『まぼろしの自転車乗り』

エストニアの都市タルトゥでは、近頃、不審な事件が頻発している。女の人たちの高価なハンドバッグが、自転車に乗った泥棒に盗まれているのだ。マリの母親もお気に入りのバッグを取られてしまった。そこでマリは、「スープタウン秘密結社」の仲間と事件の解決に乗り出す。

*作家について 1973年、フィンランドのヘルシンキで生まれ、現在はタルトゥ在住。フィンランドで園芸を、エストニアでエストニア語と文学を学ぶ。作家、翻訳家、文化イベントの主催者、エストニア語とフィンランド語の教師として活躍。2011年、自身の児童書を刊行する出版社ケロパーを設立。13点の児童書を執筆し、その多くがリンドグレーン風の推理小説で、小さな町を舞台に子どもたちが謎解きや冒険をする。失業や強欲など、現代の社会問題をあつかう作品もある。作品に、「ぬすまれたオレンジの自転車」(2008)、エストニア文化基金の児童文学賞を受賞した「かくされた銀の宝箱」(2009)、「なぞの花どろぼう」(2011)、「すばらしい船ヨンム号」(2016)など。本作は、2017年優良児童書賞の候補となった。

出版社 Kirjastus Keropää
初版年 2017年
ISBN 978-9949-9868-1-1
ページ数 157頁
サイズ 22×16
対象年齢 7歳から
キーワード 盗み、推理

Fantoomrattur

  • Text: Mika Keränen | Ill. Marja-Liisa Plats
  • Kirjastus Keropää
  • 2017
  • 157 pages
  • 22×16
  • ISBN 978-9949-9868-1-1
  • Age 7 +

本を探す/book search