わたしが強くなれた夏(キプロス・読みもの・ギリシャ語)

To kalokeri pou meyalosa

作家:アンドリ・アントニオ Andri Antoniou

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

IBBYオナーリスト2020_文学作品

『わたしが強くなれた夏』

14歳の少女アンナは、終わりのない過酷な家庭内暴力から抜け出せずにいる。父親の暴行は日増しにエスカレートする。心の底では大声で助けを呼びたいアンナだったが、父の暴力を周囲に隠すことで、しだいに追いつめられていく。一方、母親は、じきに暴力はおさまり、ふつうの家庭生活ができるという希望にしがみついている。現実にちゃんと向きあえないのは、とても危険なこと。「暴力に立ち向かうには、どれだけ強くなくちゃいけないのかな。でも、やらなくちゃもう生きていけない。」アンナが一人称で語る物語は、ある夏に思いもよらぬ展開をみせ解決に向かう。

*作家について 1980年、キプロス生まれ。キプロス大学初等教育学部を卒業し、現在は教職に就いている。キプロス青少年文学賞を2度受賞。ギリシャ女性文学会から3度賞を受けた。2017年、40歳未満の有望なヨーロッパの作家39人のひとりとして、オーフス39に選ばれた。これまでギリシャの出版社から児童書10作が刊行されている。

出版社 Kedros
初版年 2017年
ISBN 978-960-04-4742-2
ページ数 119頁
サイズ 21×14
対象年齢 12歳から
キーワード 家族、秘密、家庭内暴力

To kalokeri pou meyalosa

  • Andri Antoniou
  • Kedros
  • 2017
  • 119 pages
  • 21×14
  • ISBN 978-960-04-4742-2
  • Age 12 +

本を探す/book search