春がおとずれると(ブラジル・読みもの・ポルトガル語)

Quando a primavera chegar

作家:マリーナ・コラサンティ Marina Colasanti

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

IBBYオナーリスト2020_文学作品

短編集。どの短編でも、ありえないようなことが起こるが、そのひとつひとつが、読者を心のなかの現実に近づける。失恋のたびに、手のひらのタトゥーの菊がしおれる若い女性。夜に戦場で夫の首を胴体と縫い合わせるが、翌日、別の首だったと気づく妻。自分を世話してくれる少女に恋するロボット。さびれた村でひとり暮らしをする老女の家の戸を、奇妙な者たちがノックしては翌日いなくなるが、ある晩ノックしにきたのは死神だった……という話など、子どもたちの興味をひくお話が収録されている。

*作家について 1937年、アスマラ(旧アビシニア、現エリトリア)生まれ。11歳でブラジルに移住。美術を学び、ブラジルの大手新聞社の記者となる。児童部門の編集担当時に、初めて若者向けに出版した「完全に青いアイデア」(1979)が多数の賞を受賞し、翻訳もされた。おもな作品に、「アナ・Z、どこへ行くの?」(1993)、「愛しい人のように遠く」(1997)、「織る少女」(2004)、「小さな恋の短い話」(2013)など。ジャブチ賞など、ブラジルの主要な文学賞を多数受賞。2018年、2020年の国際アンデルセン賞候補。

出版社 Global
初版年 2017年
ISBN 978-85-260-2344-4
ページ数 109頁
サイズ 23×16
対象年齢 12歳から
キーワード 短編、マジック・リアリズム

Quando a primavera chegar

  • Marina Colasanti
  • Global
  • 2017
  • 109 pages
  • 23×16
  • ISBN 978-85-260-2344-4
  • Age 12 +

本を探す/book search