ルーパートといた夏(読みもの・原作イギリス)

ヒラリー・マッカイ 作 | 冨永 星 訳 | 田中千晶 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ルーパートといた夏』

クラリーと兄ピーターは、母を亡くした後、子どもに無関心な父に育てられていたが、毎年、夏の休暇をコーンウォールの祖父母と過ごすのを楽しみにしていた。祖父母の家にはいとこのルーパートがいて、ふたりを歓迎してくれる。ところが、第一次世界大戦が勃発し、ルーパートは戦場へと赴く。クラリーは女の子でも教育を受けたいと強く望む。第一次世界大戦が終わるまでの3人の人生を描いた長編小説。どんな逆境でもクラリーが自分の意志を通して生きていこうとする姿がたくましく、戦争のおぞましさが伝わってくる。(土居)

出版社 徳間書店
初版年 2020年
ISBN
ページ数 384頁
サイズ 19×14
対象年齢 13歳から
キーワード 第一次世界大戦、家族、恋愛、ジェンダー

  • 2020
  • 384 pages
  • 19×14
  • Age 13 +

本を探す/book search