ベルリン三部作(読みもの・原作ドイツ)

クラウス・コルドン 作 | 酒寄進一 訳 | 西村ツチ カ 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ベルリン三部作』(全6巻)

第一世界大戦終結後、ワイマール共和国誕生へと動く1918年から1919年のベルリンを舞台にした第1部、ワイマール共和国の終焉からナチスによるファシズム独裁へと移行した1932年から1933年のベルリンを舞台にした第2部、1945年春の第二次世界大戦末期の英米機による空爆と、その後のソ連による占領下にあるベルリンを描く第3部からなり、ドイツの20世紀前半の転換期を、労働者階級ゲープハルト一家の視点で描いた大作。理論社から出版されていたものが岩波少年文庫として復刊された。(神保)

出版社 岩波書店
初版年 2020年
ISBN
ページ数 320頁
サイズ 17×13
対象年齢 13歳から
キーワード 歴史、民主主義、戦争

  • 2020
  • 320 pages
  • 17×13
  • Age 13 +

本を探す/book search