囚われのアマル(読みもの・原作アメリカ)

アイシャ・サイード 作 | 相良倫子 訳 | 末山りん 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『囚われのアマル』

パキスタンの小さな村に家族と暮らす12歳のアマルは、父の借金のかたに大地主の屋敷で召使いとして働かされる。地主の息子の横暴な仕打ちに耐え、先輩召使いの意地悪をやりすごし、出口の見えない理不尽な境遇に苦しむ毎日。それでも屋敷の図書室でこっそり本を読んだり、年下の仲間に読み書きを教えたり、自分を失わずに生きていく姿を力強く描く。パキスタンに今なお残る貧富の差や女性蔑視の通念がわかり、服装や料理、結婚式の風習などイスラム文化に触れることができる。(福本)

出版社 さ・え・ら書房
初版年 2020年
ISBN
ページ数 256頁
サイズ 20×14
対象年齢 11歳から
キーワード パキスタン、強制労働、家族、ジェンダー

  • 2020
  • 256 pages
  • 20×14
  • Age 11 +

本を探す/book search