〈死に森〉の白いオオカミ(読みもの・原作ロシア)

グリゴーリー・ディーコフ 作 | ディム・レシコフ 絵 | 相場 妙 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『〈死に森〉の白いオオカミ』

村には、川向こうの森を丸裸にしてはいけない、という言い伝えがあったのに、人口が増えて農地が足りなくなると、男たちは向こう岸にわたり森を焼き払ってしまう。そこは〈死に森〉と呼ばれるようになり、村人たちを襲うオオカミが次々に現れる。リーダーの巨大な白いオオカミは森を守っていた魔物なのか? 子どものエゴルカが一部始終を見届け、村を救う。ロシアの伝承を下敷きにし、不思議な人びとも登場する、土の香りがする物語。自然と人間の関係を描いた象徴的な寓話としても読める。(さくま)

出版社 徳間書店
初版年 2019年
ISBN
ページ数 160頁
サイズ 19×14
対象年齢 11歳から
キーワード オオカミ、伝説、自然

  • 2019
  • 160 pages
  • 19×14
  • Age 11 +

本を探す/book search