おいで、アラスカ!(読みもの・原作オランダ)

アンナ・ウォルツ 作 | 野坂悦子 訳 | 谷口正造 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『おいで、アラスカ!』

12歳の少女パーケルは、ゴールデンレトリバーのアラスカを飼っていたが、弟にアレルギーがあり手放した。ところが新しい飼い主は、中学で同じ組になったいじわるな転校生スフェンだとわかる。最初は反目するふたりだが、スフェンにはてんかんの発作があり介助犬が必要なことや、パーケルには両親の店が強盗に襲われた過去があるとわかるにつれ、少しずつ距離が縮まっていく。ふたりが1章ごとに交互に語る形で、次第に真相が明かされ、緊迫感をもって一気に結末へと向かう。不安を抱えるふたりに、犬の存在が大きな救いとなっている。(福本)

出版社 フレーベル館
初版年 2020年
ISBN
ページ数 260頁
サイズ 20×14
対象年齢 11歳から
キーワード 友だ ち、介助犬、てんかん、強盗事件

  • 2020
  • 260 pages
  • 20×14
  • Age 11 +

本を探す/book search