おれ、よびだしになる(絵本)

I'm Going To Be a Sumo Announcer

中川ひろたか 文/石川えりこ 絵 text: Nakagawa, Hirotaka | illus. Ishikawa, Eriko

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『おれ、よびだしになる』(Ore, yobidashi ni naru)

海外の注目も集めるようになった相撲の世界には、日本の伝統的文化が今も息づいている。主人公は、幼い頃から相撲の呼び出しさんが大好きだった男の子だ。5歳の誕生日に大相撲に連れていってもらい、あこがれの呼び出しさんに会ってから、中学卒業後に修行を経て一人前になるまでを描く。呼び上げのほか、触れ太鼓、土俵づくりなど、大相撲のしきたりを守る仕事も紹介してくれる。最後のページの主人公は、たっつけ袴に白い扇子、胸のすくようなりりしい姿で、好きなことをやりぬく自信にあふれている。(坂口)

出版社 アリス館
初版年 2019年
ISBN 9784752009085
ページ数 32頁
サイズ 28×22
対象年齢 7歳から
キーワード 相撲 呼び出し 成長 初志貫徹

I'm Going To Be a Sumo Announcer

Sumo wrestling, Japan’s national sport, has a history of 1500 years. Traditional Japanese culture is still alive and well within the sumo world. This story is about a boy who longs to become a yobidashi, the man who stands in the sumo ring announcing the names of the wrestlers before each bout. On his fifth birthday, the boy’s family take him to a large sumo tournament where he meets a yobidashi. The story follows the boy’s apprenticeship when he graduates from junior high school and his emergence as a full-fledged yobidashi. Along the way, readers learn about the many traditional jobs that form the foundation of the sport. (Sakaguchi)

  • text: Nakagawa, Hirotaka | illus. Ishikawa, Eriko
  • Alice-kan
  • 2019
  • 32 pages
  • 28×22
  • ISBN 9784752009085
  • Age 7 +

Sumo, Announcer, Growth, Pursuing your dream


本を探す/book search