フラミンゴボーイ(読みもの・原作イギリス)

マイケル・モーパーゴ 著/杉田七重 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『フラミンゴボーイ』

高校の試験が終わってフランスに旅に出たヴィンセントは、フラミンゴがいる湖のそばで病気になって倒れ、農場に住むロレンゾに助けられる。ロレンゾは自分の世界を持っており、フラミンゴが大好きで、動物と話ができる。そして、同居しているケジアは、ヴィンセントの看病をしてくれる。ヴィンセントが少し回復すると、ケジアは、民族の異なるケジアとロレンゾが一緒に住むようになった過去を語る。そこには、ナチスの台頭が色濃くかかわっていた。読者はヴィンセントとともにケジアの物語に引き込まれ、障がいや戦争について考えさせられる。(土居)

出版社 小学館
初版年 2019年
ISBN
ページ数 304頁
サイズ 18×13
対象年齢 12歳から
キーワード 差別 ナチス 障がい

  • 2019
  • 304 pages
  • 18×13
  • Age 12 +

本を探す/book search