オオカミが来た朝(読みもの・原作オーストラリア)

ジュディス・クラーク 著/ふなとよしこ 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『オオカミが来た朝』

あるオーストラリア人家族の、4世代にわたる折々の出来事と心模様を描く短編連作。大恐慌だった1935年、父親の急死で働くことになった14歳のケニーが、働き口を探しに出たある早朝、道中で遭遇した恐怖の出来事を描く「オオカミが来た朝」から、1950年代のケニーのふたりの娘と認知症の大叔母さんの物語「メイおばさん」、2002年の両親のけんかにおびえるケニーのひ孫の物語「チョコレート・アイシング」まで全6編。現実を受け止めて前に進む子どもたちを生き生きと描いている。読後に4世代の物語がつながり感慨深い。(代田)

出版社 福音館書店
初版年 2019年
ISBN
ページ数 240頁
サイズ 20×14
対象年齢 12歳から
キーワード 家族 歴史 友だち けんか

  • 2019
  • 240 pages
  • 20×14
  • Age 12 +

本を探す/book search