わたしがいどんだ戦い 1940年(読みもの・原作アメリカ)

キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー 作/大作道子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『わたしがいどんだ戦い 1940年』

主人公のエイダは、内反足の手術を経て歩けるようになったものの、弟と一緒に身を寄せていたスーザンの家が空襲で全壊し、地元の名士ソールトン家の人びとやユダヤ系ドイツ人少女ルースなどさまざまな人びととの暮らしを余儀なくされる。死が身近に迫る戦時下、母親に虐待されていたエイダがスーザンたちの支えを得て、背負わされた傷を克服し成長する姿をリアルに描いている。エイダとルースとソールトン家の娘マギーという立場の違う3人の友情も丹念に書かれ、読ませる作品になっている。『わたしがいどんだ戦い 1939年』の続編。(さくま)

出版社 評論社
初版年 2019年
ISBN
ページ数 452頁
サイズ 19×13
対象年齢 10歳から
キーワード 養子 馬 戦争 友情

  • 2019
  • 452 pages
  • 19×13
  • Age 10 +

本を探す/book search