名探偵カッレ 城跡の謎(読みもの・原作スウェーデン)

アストリッド・リンドグレーン 作/菱木晃子 訳/平澤朋子 絵

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『名探偵カッレ 城跡の謎』

「名探偵カッレ」シリーズの1作目。13歳の少年カッレは、隣家に住む少女エヴァロッタ、親友アンディッシュとともに、夏休みの日々を、悪ふざけしたりサーカスを披露したり「バラ戦争」ごっこをしたりして過ごしていた。そこへ、エヴァロッタの親戚のおじさんエイナルが突然現れる。カッレは直感でなにか怪しいと思い、エイナルを監視し始める。カッレの勘は当たり、カッレたちは犯罪史上最悪の窃盗事件にかかわっていくことになる。カッレの明晰な推理に驚き、3人を襲う絶体絶命のピンチにハラハラドキドキする。訳も挿し絵も新しくなって読みやすい。なお続編2作も刊行されている。(神保)

出版社 岩波書店
初版年 2019年
ISBN
ページ数 248頁
サイズ 20×14
対象年齢 10歳から
キーワード 探偵 仲間 夏休み

  • 2019
  • 248 pages
  • 20×14
  • Age 10 +

本を探す/book search