この海を越えれば、わたしは(読みもの・原作アメリカ)

ローレン・ウォーク 作/中井はるの/中井川玲子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『この海を越えれば、わたしは』

主人公のクロウは、赤ちゃんの時に流れ着いた島で、画家のオッシュに拾われ育てられている。しかし12歳になったクロウは、自分はどこから来たのか、なぜひとりで小舟に乗っていたのか、この島に住む人たちがなぜ自分を避けているのか、などを知りたいと思うようになる。身の回りの謎を解きながら自分のルーツをつきとめようとする少女の物語に、ハンセン病への偏見がからむ。世間から離れて生きようとするオッシュや、近所でひとり暮らしをするミス・マギーが、血縁の家族以上にクロウを思いやる姿が温かい。(さくま)

出版社 さ・え・ら書房
初版年 2019年
ISBN
ページ数 384頁
サイズ 20×14
対象年齢 10歳から
キーワード ルーツ ハンセン病 非血縁の家族 海

  • 2019
  • 384 pages
  • 20×14
  • Age 10 +

本を探す/book search