ヒキガエルがいく(絵本・原作韓国)

パク・ジォンチェ 作/申明浩・広松由希子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本絵本/picture books

『ヒキガエルがいく』

まず表紙のヒキガエルの目に引きつけられる。ページをめくると太鼓の音が響き始める。「トン」「トトン」とヒキガエルが現れ、それがあちこちから集まって「ドンドン ダンダン ドンドン ダンダン」と障害物を乗り越え進んでいく。その数はますます増え、池までくると「ワラワラワラワラ」と水に入り、「ピタ」と止まる。そして産卵が始まり、おびただしい数の卵が藻の間に光る。迫力のある絵に太鼓の音が寄り添い、強烈な生命力を表現する。巻末に「ヒキガエルがいく」という詩が掲載され、詩とそれぞれのページが呼応していることがわかる。(神保)

出版社 岩波書店
初版年 2019年
ISBN
ページ数 48頁
サイズ 23×30
対象年齢 3歳から
キーワード ヒキガエル 生命力 産卵

  • 2019
  • 48 pages
  • 23×30
  • Age 3 +

本を探す/book search