ぼくがスカートをはく日(読みもの・原作アメリカ)

エイミ・ポロンスキー 著/西田佳子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ぼくが スカートを はく日』

小学6年生のグレイソンは、いつもスカートをはくのを夢見ている男子。両親が交通事故で死んだため、おじさんとおばさん、いとこと住んでいる。学校で大好きなフィン先生が演劇のオーディションをすると聞いて、グレイソンは思い切ってペルセポネという女性の役に応募する。しかし、そのことがグレイソンへのいじめとつながると同時に、フィン先生への攻撃にもなってしまう。体は男子でも心は女子のグレイソンの苦しみと、演劇を通して自分らしく生きる喜びを知る過程がていねいに描かれている。(土居)

出版社 学研プラス
初版年 2018年
ISBN
ページ数 296頁
サイズ 20×14
対象年齢 10歳から
キーワード トランスジェンダー 演劇 いじめ 偏見

  • 2018
  • 296 pages
  • 20×14
  • Age 10 +

本を探す/book search