いのちの木(アラブ首長国連邦・絵本)

Shajaratou Al Thikrayat

ファーティマ・シャラフェッディーン 訳/ブリッタ・テッケントラップ 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_翻訳作品(英語からアラビア語)

『いのちの木』

亡くなった親切なキツネを慕って、森の動物たちが集まり、思い出を語り合う。キツネの埋められた場所に小さな芽が顔を出すと、やがてその芽は、キツネの思い出とともに育っていく。時間と記憶が積み重なっていくうちに、その芽は森で一番高く、美しい木に成長する。動物たちは、木をこよなく愛した。そこでは、自分たちの心の中で、キツネが生きていると感じられるのだった。

翻訳家について 1966 年、ベイルート生まれ。子どもやYA 向けの本の作家、翻訳家。6 歳まではシエラレオネ、その後3 年間をレバノンで過ごし、それから15 年間は戦争のため点々とする。現在はブリュッセルとベイルートで暮らす。多くの受賞歴を持ち、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞には2度候補となった(2010、2011)。100点以上の著作があり、多くの言語に翻訳されている。IBBY オナーリストに選出(2016)された「ひらかないで、ひらいたら」は、同年ボローニャ・ラガッツィ賞も受賞した。

日本語版
森山京 訳/ポプラ社/2013 ほか

出版社 Kalimat
初版年 2017年
ISBN 978-9948-46-677-2
ページ数 30頁
サイズ 25×28
対象年齢 6歳から
キーワード キツネ 死 哀悼 思い出

Shajaratou Al Thikrayat

  • 2017
  • 30 pages
  • 25×28
  • ISBN 978-9948-46-677-2
  • Age 6 +

本を探す/book search