手がかりなし(スウェーデン・読みもの)

Noll Koll

イルヴァ・ヘッレルュード 訳/アルナル・マール・アルングリムソン 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(アイスランド語からスウェーデン語)

『手がかりなし』

ティーンエイジャーの心をかき乱す、あらゆる出来事を書いている。主人公は15 歳のハンネス。彼の孤独、自信の欠如、毎晩寝ずにコンピュータゲームでヒーローを演じ、昼間は汗びっしょりになって眠る日々が描かれる。両親は、そんなハンネスをアイスランドの田舎に住む祖母に預ける。仕事と新鮮な空気があり、祖母がいて、コンピュータやスマホのない生活は、変化のきっかけになると期待したのだ。翻訳は、ティーンエイジャーの隠語、語り手の文学的な言葉づかいを、ハンネスの大胆な散文詩やラップに溶けこませている。ハンネスの抵抗、不安、怒り、セックスや恋愛という経験を通して、次第に育まれていく共感力や、心の成長についても、見事に描き出している。

翻訳家について 1955 年生まれ。英語、アイスランド語からの翻訳を行う。テレビ番組や『レ・ミゼラブル』『スウィニー・トッド』など長編の翻訳に長年携わり、詩、歌や歌詞の翻訳も得意とする。犯罪小説や文学のジャンルも手がける。

出版社 Katla
初版年 2016年
ISBN 978-91- 87311-53-6
ページ数 273頁
サイズ 21×14
対象年齢 13歳から
キーワード インターネット 逃亡 孤独

Noll Koll

  • 2016
  • 273 pages
  • 21×14
  • ISBN 978-91- 87311-53-6
  • Age 13 +

本を探す/book search