ハカ(ニュージーランド・絵本)

Whiti Te Rai

カワタ・テエパ 訳/パトリシア・グレース 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_翻訳作品(英語からマオリ語)

『ハカ』

ンガティ・トア族の長、テ・ラオパラハは敵に追われ、恐怖の中で暮らしていた。テ・ラオパラハはロトアイラ湖のクマラ(さつまいも)を焼く穴に身を隠し、その上には大いなる力を持つ女性が座って彼を守った。テ・ラオパラハは敵の声を聞くたびに、「わたしは死ぬのか? わたしは生きるのか?」と暗闇でつぶやいた。しかし敵は彼を見つけることができず、テ・ラオパラハは無事に穴から出ることができた。テ・ラオパラハがこの経験を人びとに語ると、彼の言葉はくり返し唱えられ、マオリ族の伝統的なダンスであるハカに反映され、今も世代から世代へと伝えられている。

翻訳家について 作家、マオリ語の翻訳家として出版社に勤める。ニュージーランド教育省によるマオリ語学校の生徒向け教材や、商業出版の翻訳も行う。サッシャ・コッター作「かぎ」は2016 年、ジェニファー・ベック作「あの11 月を覚えていて」は2014 年にIBBY オナーリストに選出された。

出版社 Huía Publishers
初版年 2015年
ISBN 978-1-77550-209-8
ページ数 34頁
サイズ 27×21
対象年齢 4歳から
キーワード テ・ラオパラハ マオリ族 ハカ

Whiti Te Rai

  • 2015
  • 34 pages
  • 27×21
  • ISBN 978-1-77550-209-8
  • Age 4 +

本を探す/book search