きみには象が見えない(リトアニア・絵本)

Drambliai nematomi

ルータ・ヨニーナイテー 訳/スザン・クレラー 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(ドイツ語からリトアニア語)

『きみには 象が見えない』

虐待されている子どもたちを救おうと、極端な手段を試みる勇敢な少女の物語。13 歳のマーシャは夏休みに祖母の家に預けられ、退屈で孤独な時間を過ごしていた。ある日、近くの遊
び場で、驚くほど恥ずかしがりやでびくびくしている姉弟、ユリアとマックスに出会う。マーシャは、ふたりが、町の有力者である彼らの父親から虐待されているのでは、と疑い始める。マーシャは、そのことを祖母や関係機関に伝えるが、誰にも信じてもらえない。見過ごすことができないマーシャは、自分でどうにかしようと行動に出る。

翻訳家について 1955 年、ヴィルヌイ生まれ。ヴィルヌイ大学でドイツ哲学を学んだ後、同大学で7年間ドイツ語を教える。1987 年からは、出版社で子どもやYA の編集者として働く。児童文学、YA を中心に、30 点以上の作品をリトアニア語に翻訳している。翻訳作品は2010 年にIBBY オナーリストに選出された。

出版社 Lietuvos Rasytoju
初版年 2016年
ISBN Lietuvos Rasytoju
ページ数 190頁
サイズ 20×13
対象年齢 12歳から
キーワード 家族 暴力

Drambliai nematomi

  • 2016
  • 190 pages
  • 20×13
  • ISBN Lietuvos Rasytoju
  • Ages 12 +

本を探す/book search