お静かに、父が昼寝しております(読みもの)

母袋夏生 訳/原作:ユダヤの民話

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(ヘブライ語から日本語)

『お静かに、父が昼寝しております』

ユダヤの民話集。世界各地のとんち話や民話、聖書の「創世記」からの物語など、ヘブライ語で刊行された書籍から厳選した38 編を収録。訳者が編者として、長い年月をかけて集めた。巻末には原典一覧がついている。表題作「お静かに、父が昼寝しております」は、ユダヤ教の司祭の衣装にはめこまれた高価な宝石が行方不明になり、使者たちが商人のもとへ買いにいくが、金庫のカギを枕の下に置いて昼寝中の父親を起こすわけにいかないから売ってもらえない、という話。ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)でグランプリを受賞した出久根育が、あたたかなイラストを添えている。

翻訳家について 1943 年、長野県生まれ。東京学芸大学卒業。小学校教諭を経て1970 年イスラエルへ渡り、ヘブライ大学で文学修士号を取得。帰国後、出版社に11 年間勤務した後、ヘブライ語の翻訳を始める。国際アンデルセン賞受賞作家ウーリー・オルレブ作品のほか、ヘブライ文学翻訳の功績に対して奨励賞(1998)、イスラエルの翻訳功労賞(2017)を受賞。

出版社 岩波書店
初版年 2015年
ISBN 978-4-00-114229-7
ページ数 280頁
サイズ 17×12
対象年齢 10歳から
キーワード 昔話 神話 伝説 アンソロジー

  • 2015
  • 280 pages
  • 17×12
  • ISBN 978-4-00-114229-7
  • Age 10 +

本を探す/book search