大工のお話(ブラジル・絵本)

O conto do carpintero

エドゥアルド・ブランダォン 訳/イバン・バレネチェア 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_翻訳作品(スペイン語からポルトガル語)

『大工のお話』

完璧な彫刻やオブジェを作ることで有名な大工のファーマンのところに、ある日、ボンバスの男爵が訪ねて来る。戦争で片腕を失ったので、義手を作ってほしいというのだ。新しい義手を着けた男爵は、再び戦争に行くが、また別の部位を失い、大工の元に戻って来る。戦争に行っては、またどこか失い戻ることをくり返し、次第に身体のあらゆる部位が木に変わってしまう。ついにはどこもかしこも木のパーツになり動けなくなる。戦争という深刻な問題を、ユーモアたっぷりに描いている。

翻訳家について 1946 年、リオデジャネイロ生まれ。ジャーナリストとして働いた後、20 代半ばより文芸、哲学、歴史、子どもの本の翻訳を始める。ほとんどがフランス語とスペイン語からの翻訳で、特に現代スペイン文学を得意とする。

出版社 Campanhia das Letrinhas
初版年 2016年
ISBN 978-85-7406-720-0
ページ数 45頁
サイズ 26×21
対象年齢 6歳から
キーワード 戦争 兵士 障害

O conto do carpintero

  • 2016
  • 45 pages
  • 26×21
  • ISBN 978-85-7406-720-0
  • Age 6 +

本を探す/book search