フリーダ(ベルギー・絵本)

Frida

リース・ラヴレイゼン 訳/セバスティアン・ペレーズ 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_翻訳作品(フランス語からオランダ語)

『フリーダ』

豪華な宴を絵本に仕立て上げたらこうなる、といった趣の作品。この本は、文字どおり、そして比喩的にも、読者をフリーダ・カーロの世界に誘う。様々な形に切り抜かれたページを多用することで、愛や死、母性などフリーダ・カーロを強く揺さぶったテーマを探求しつつ、フリーダの人生や芸術作品を生み出す過程を表現している。フリーダの日記からの引用文と、作者による詩のような文章が交互に挿入されることで、新たな見方が生まれ、深く心を揺さぶられる。

翻訳家について 1978 年生まれ。アントウェルペン在住。ロマンス語を専攻、文芸翻訳をルーヴァンのカソリック大学大学院で学ぶ。2003 年より、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語からオランダ語への翻訳家として活躍。ジャクリーン・ウィルソン作「トレイシー・ビーカー物語」(小竹由美子 訳/ 偕成社/2010)シリーズのほか、子どもの本を中心に絵本から小説まで訳している。

出版社 Clavis
初版年 2017年
ISBN 978-904482931-0
ページ数 70頁
サイズ 32×29
対象年齢 14歳から
キーワード フリーダ・カーロ 伝記 美術

Frida

  • 2017
  • 70 pages
  • 32×29
  • ISBN 978-904482931-0
  • Age 14 +

本を探す/book search