よくのふかいカメ(ギリシャ・絵本)

E aplisti chelona

ケリー・マタシア・コヴォ 絵/ソフィア・マドゥワル 文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(ギリシャ語)

『よくのふかいカメ』

昔、小さなカメが、色鮮やかな花の咲く草原に住んでいた。カメの親友は、空に届くほど背の高いすてきなノウサギ。ある日、カメが「ぼくの甲羅はもう窮屈だ。もっと大きな住みかを探しにいくよ。ずっと向こうの大都会に住んでいるやつらがうらやましいよ!」と叫んだ。欲、質素の恩恵、友情をテーマに、韻文で書かれた短い寓話。イラストレーションは鉛筆、水彩絵の具、デジタルで描かれている。

画家について 1959年、アテネ生まれ。イスラエル、ハイファのネリ・ブルームフィールド芸術デザインアカデミーで学ぶ。グラフィックデザイナー、児童書のイラストレーター。マロ・ロイズ文の「川は流れて海にいく」 (1988)がIBBYオナーリストに選ばれた。他の作品に、「ミシシッピ川でおしっこしたのはだれ?」(1998)、「愛のボタン」(2016)などがある。

出版社 Kalendis
初版年 2015年
ISBN 978-960-219-997-8
ページ数 44頁
サイズ 30×22
対象年齢 4歳から
キーワード 傲慢 欲 友情

E aplisti chelona

  • 2015
  • 44 pages
  • 30×22
  • ISBN 978-960-219-997-8
  • Age 4 +

本を探す/book search