1000と1の動物たち(フィンランド・絵本)

Tuhat ja yksi otusta

ラウラ・メルツ 絵/アイノ・ヤルヴィネン、ラウラ・メルツ 文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(フィンランド語)

『1000と1の動物たち』

キリンのフンは約3メートルの高さから落ちてくることや、キリンは舌で耳かきをすることをご存じだろうか?本作は、生き物の驚きの事実を集めた自然科学の絵本。 生き物の質感、すばやい動き、性質が、筆、ボール紙、木の棒を使って描かれ、全体としてひとつの芸術作品となっている。

画家について ヘルシンキ、ベルリンなどドイツを拠点とするアーティスト、テキスタイルデザイナー、イラストレーター。本書は初めての子どもの本。自然と野生生物に魅せられ、実際に動物を見ることで制作のヒントを得る。しばしばその絵はユーモラスで、細かな捻りが利かせてある。作品はミニマリズムと「マキシマリズム」の融合――シンプルな線と形と多彩な色と質感の折衷――である。本作はフィンランドブックアート委員会から2016年の最も美しい本に選ばれた。

出版社 Etana Editions
初版年 2016年
ISBN 978-952-7105-07-8
ページ数 57頁
サイズ 34×28
対象年齢 5歳から
キーワード 動物 詩

Tuhat ja yksi otusta

  • 2016
  • 57 pages
  • 34×28
  • ISBN 978-952-7105-07-8
  • Age 5 +

本を探す/book search