チューバのクーバとタトゥーライン(チェコ・絵本)

Kuba Tuba Tatubahn

フィリップ・ポシヴァチェ 絵/ヤナ・シュラームコヴァー 文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(チェコ語)

『チューバのクーバと タトゥーライン』

ヤクブには間違いなく音楽の才能がある。けれども、音楽学校にこもっているのは嫌だった。クラスメイトに、目立ちたいから楽器を響かせているだけだと言われ、クーバと名付けたチューバを手に、プラハの地下に逃げ込む。そこには厚かましいタトゥーライン氏が支配する世界があり、チューバのクーバは不思議な冒険をする。ヤクブはクーバを取り戻さないといけない。もはや自分の一部であるチューバがなくては、完全な自分になれないのだ。

画家について 1986年生まれ。プラハ工芸大学の映画・テレビグラフィックアート学科卒業。本と雑誌のイラストレーション、アニメーション映画に携わる。彼の自然への愛は、台湾の神話「ヘビの復習」(2010)のアートコンセプトだけでなく、ペトル・ボシュコヴェツ文の「すべては庭にある」(2013)、ヨゼフ・ヴァーツラフ・スラーデクの詩集「カッコウから聖ニコラスまで」(2016)のイラストレーションにも表れている。2017年に本作でチェコの児童文学賞である金のリボン賞を受賞。

出版社 Běžíliška
初版年 2015年
ISBN 978-80-906112-4-5
ページ数 45頁
サイズ 34×24
対象年齢 6歳から
キーワード プラハ 音楽 地下

Kuba Tuba Tatubahn

  • 2015
  • 45 pages
  • 34×24
  • ISBN 978-80-906112-4-5
  • Age 6 +

本を探す/book search