亡くなったからといって赤子を投げてはいけない(南アフリカ・読みもの)

Akulahlwa Mbeleko Ngakufelwa

ズキスワ・パカマ

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(コサ語)

『亡くなったからといって 赤子を投げてはいけない』

少女シノムサには歌とギターの才能があった。母が失業し、家族の暮らしは厳しい。裕福な友だちグキヤザナは、数学の勉強の手伝いと引き替えにギターを貸してくれた。シノムサは、子ども病院での演奏を成功させ、その記事は地元の新聞に掲載される。グキヤザナは嫉妬してギターを貸してくれなくなった。その後、シノムサの父が長い闘病の末に亡くなり、葬儀のためにアメリカ在住の叔父が帰ってくる。叔父は、シノムサに新しいギターをプレゼントしてくれた。家族の望みに応えて、シノムサは心をこめて歌をうたい、ギターを奏でた。それが歌手として身を立てるきっかけになる。やがてグキヤザナとの友情も取り戻し、共に演奏して人びとを楽しませるようになった。

作家について 東ケープ州の海辺の村で育つ。大学でジャーナリズムを学んだ後、映画会社に入社し、撮影スタッフ、調査員、ナレーターとして働く。テレビのドキュメンタリー番組の翻訳やラジオドラマの作家としても活躍。母語のコサ語で書いた小説を数点発表し、青少年向けの文学賞の受賞歴もある。

出版社 Pearson
初版年 2017年
ISBN 978-0-636-20762-2
ページ数 153頁
サイズ 21×14
対象年齢 16歳から
キーワード 音楽 死 希望

Akulahlwa Mbeleko Ngakufelwa

  • 2017
  • 153 pages
  • 21×14
  • ISBN 978-0-636-20762-2
  • Age 16 +

本を探す/book search