メラティ(インドネシア・読みもの)

Melati

ガル・ララサティ 文/マルセリナ・サラスワティ 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(ジャワ語)

『メラティ』

ひとり暮らしの少女メラティの物語。父親は、メラティが赤んぼうの頃に出ていき、母親は、メラティが10歳の時に亡くなった。ひとりぼっちのメラティは、隣に住む母の友人から、多くを学んでいく。小さな店を経営している母の友人は、忙しい日々の合間、メラティに、夢を叶えるために少しずつお金を貯める方法を教えてくれる。メラティは、亡き母の愛に守られていることを感じながら、母に宛てて手紙を書く。友情のすばらしさ、粘り強く物事に取り組むことの大切さ、希望を描いた作品。

作家について 観光産業の仕事に10年以上携わる。現在は英語講師をしながら、インドネシア語とジャワ語で子どもの本を執筆している。本書は初めての創作で、教育的側面も持つ。中部ジャワ州のジョグジャカルタ市にて、児童文学普及促進協会のメンバーとしても活躍中。

出版社 Bestari Buana Murni
初版年 2017年
ISBN 978-602-341-173-3
ページ数 33頁
サイズ 21×21
対象年齢 10歳から
キーワード 家族 友情

Melati

  • 2017
  • 33 pages
  • 21×21
  • ISBN 978-602-341-173-3
  • Age 10 +

本を探す/book search