面倒なこと重要なこと(フィンランド・読みもの)

Pinsamt och livsviktigt

アンニカ・ザンデリン 文/リンダ・ボンデスタム 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(スウェーデン語)

『面倒なこと 重要なこと』

主人公のヨコは、11歳の誕生日パーティーで、あることをきっかけに、母親は宇宙で一番面倒な人だと気がつく。すてきだと思っていた父親も、パーティーで焼ソーセージを爆発させ、ヨコはクラスメイト全員に笑われた。ヨコは恥ずかしくて、この世界から消えてしまいたいと思う。ヨコは、なんでも日記に書いている。親友のアンナが、自分を養子にしてくれた両親に我慢ならなくて、生まれ故郷の中国へ帰る計画を立てていること、クラスの女子たちがメイクをするようになったこと、そして何より、ダニエルがヨコにメールを送ってくるようになったことなど。本書は、ヨコをめぐる家族や友だちとの日々を、ユーモアたっぷりに描く物語シリーズの第2巻。

作家について 1972年生まれ。大学で創作を学ぶ。1999年に初めての本を出版して以来、主に子ども向け作品を発表。詩や大人向けの文学作品も手がける。執筆活動のほか、図書館の児童書担当司書としても活躍。

出版社 Förlaget
初版年 2016年
ISBN 978-952-333-017-7
ページ数 158頁
サイズ 20×14
対象年齢 9歳から
キーワード 日記 思春期 家族 友情

Pinsamt och livsviktigt

  • 2016
  • 158 pages
  • 20×14
  • ISBN 978-952-333-017-7
  • Age 9 +

本を探す/book search