パパが新しいお嫁さんをもらうまで(エストニア・読みもの)

Kuidas mu isa endale uue naise sai

レーリ・レイナウス 文/マルーヤ=リーサ・プラッツ 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(エストニア語)

『パパが 新しいお嫁さんをもらうまで』

少女カイサの母親は、カイサが幼い時に亡くなった。ある日、カイサの父親は、新しい奥さんを探そうと決意する。カイサは喜んで協力することにした。父親とカイサは、奥さん候補の条件をリストに書き出して、ネットで公開する。条件を満たした候補は見つかるものの、会ってみるとどうもぴったりこない。どの人も、必ずどこか気に入らない点があるのだ。がっかりした父親が諦めようとした時、運命の相手が現れる。ひとり親家庭の子ども、人間関係、愛について、ユーモアたっぷりに書かれた作品。

作家について 1977年生まれ。南東部の都市タルトゥ在住。民俗学者、児童文学・YA作家。タルトゥ神学アカデミーを卒業後、タルトゥ大学でエストニア語と比較民俗学の修士号を取得。子どもたちの日常生活を描いたリアリズム作品や、犯罪小説、ファンタジーなどを手がける。著作は20点以上あり、数々の受賞歴もある。

出版社 Tänapäev
初版年 2016年
ISBN 978-9949-85-027-3
ページ数 194頁
サイズ 22×15
対象年齢 10歳から
キーワード 家族 愛

Kuidas mu isa endale uue naise sai

  • 2016
  • 194 pages
  • 22×15
  • ISBN 978-9949-85-027-3
  • Age 10 +

本を探す/book search