セバスャン・モンテフィオーレのすごい発見(キプロス・読みもの)

apistefti apokalipsi tou Sebastian Montefiore

アンナ・クパヌウ 文/デスピナ・マノラルゥ 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(ギリシャ語)

『セバスャン・モンテフィオーレの すごい発見』

セバスチャン・モンテフィオーレは、リスク・アセスメントの優れた専門家で、熱心に仕事に取り組んでいるが、庭仕事も大好きだ。あるとき、彼は聞きたくないことを耳にし、信じたくないことを目にする。犬が考えたりしゃべったりしているのだ! さあ、どうしよう? 他の登場人物たちも、真実を隠すべきか、語るべきか、たいへんなジレンマに直面する。本作は、セバスチャンにふりかかる大きな試練と困難を通して、私たちにとって大切なことは何かを問いかける。何もかもがメディアによって作られる時代に、真実を見破るのは誰なのか? そして、真実に耳を傾ける勇気を持つのは誰なのか?と。

作家について 1979年、キプロス生まれ。キプロス大学で学んだ後、ロンドン大学教育大学院で教育哲学の博士号を取得。小学校教師、小学校教育コーディネーターを経て、現在はキプロス大学の特別研究員。哲学、児童文学と創作を教えながら、識字教育の問題にも関わっている。キプロス国内の児童文学賞を受賞している。

出版社 Kedros
初版年 2015年
ISBN 978-960-04-4606-7
ページ数 193頁
サイズ 25×14
対象年齢 9歳から
キーワード イヌ 嘘と真実 マスメディア

apistefti apokalipsi tou Sebastian Montefiore

  • 2015
  • 193 pages
  • 25×14
  • ISBN 978-960-04-4606-7
  • Age 9 +

本を探す/book search