アラメダ通りの南(チリ・読みもの)

Al sur de la Alameda

ローラ・ララ 文/ビセンテ・レイナモンテス 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(スペイン語)

『アラメダ通りの南』

2006年にチリで起こった学生運動を題材にした作品。首都サンティアゴのアラメダ通りにある小さな私立高校で、35人の生徒たちが公立高校と結束し、よりよい教育を求めて自分たちの学校を占拠する行動に出た。あっというまに、教室や校庭や、生徒たちの日常生活は変わってしまった。サッカーチームのゴールキーパー、ニコラスは、学生会議や集会に飽き飽きして、学校占拠について日記に書くことにした。文と絵が相乗効果を生み、緊張感を漂わせる作品になっている。

作家について 本名は クラウディア・ララギベル。チリのサンティアゴで生まれ、ベネズエラで育つ。長年に渡り、スペインのマドリードでジャーナリストとして活躍。現在はサンティアゴに戻り、小さな児童書出版社の代表を務めながら、作家として、小説や年代記などを出版。本作は、バンコ・デル・リブロ賞をはじめ数々の賞に輝き、2014年のホワイト・レイブンズに選ばれた。

出版社 Ekare Sur
初版年 2015年
ISBN 978-84-942081-5-7
ページ数 285頁
サイズ 23×16
対象年齢 15歳から
キーワード 教育方針 抗議運動 学校

Al sur de la Alameda

  • 2015
  • 285 pages
  • 23×16
  • ISBN 978-84-942081-5-7
  • Age 15 +

本を探す/book search