プーさんとであった日(NF・原作アメリカ)

リンジー・マティック 文/ソフィー・ブラッコール 絵/山口文生 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

プーさんとであった日 表紙

『プーさんとであった日――世界でいちばんゆうめいなクマのほんとうにあったお話』

息子にお話をせがまれた母親が、100年前カナダにいたハリーという獣医師の話を始める。ハリーは戦地へ子グマを連れていき、ウィニーと名づけて軍のマスコットとしてかわいがる。後にイギリスへ渡り動物園に預けられたウィニーは、ある日『クマのプーさん』の作者親子と出会う。「ウィニー・ザ・プー」の名前はここから生まれた。最後に、話を語った母親が実はハリーのひ孫だったという事実も明かされる。歴史の中で交錯する3つの物語を、美しい水彩画でドラマチックに描く。(福本)

出版社 評論社
初版年 2016年
ISBN
ページ数 54頁
サイズ 26×26
対象年齢 6歳から
キーワード クマ、戦争、家族、歴史

  • Hyoronsha
  • 2016
  • 54 pages
  • 26×26
  • Age 6 +

本を探す/book search