ロンケアと緑の魔物(カンボジア・絵本・クメール語)

Ronkea ning sat chamleak Baytong

画家:キムサン・スー | 文:ウック・ソダニー Ill. Sou, Kimsan | Text:Ouch Sodany

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

IBBYオナーリスト2022_イラストレーション作品

『ロンケアと緑の魔物』

主人公のロンケアは空の上で暮らす帝王ヴェハの娘で、病気におかされている。その病気を治すには、東に住むおそろしい緑の魔物の心臓を取ってこなくてはならない。そのため地上に下りていくと、キノコの村に住む小さい人たちや、ナツメの実を食べる赤い魚たちと知りあう。やがてロンケアは緑の魔物に出会うが、心臓を取らないことに決める。

●画家について/ 1992 年、カンダル州生まれ。子どものころから仏教寺院の壁画を見るのが好きで、のちに絵を学びはじめる。カンボジア王立芸術大学を卒業後は、絵で考えや感情を表現しつづけるとともに、芸術鑑賞を奨励している。おもにアドビ・フォトショップやアドビ・イラストレーターを使用し、コンピューターで描いている。本書のほかに絵を手がけた作品は「とうさん、それはなに?」(2016)、「サン先生のついてない日」(2018)などがある。

出版社 Sipar
初版年 2020年
ISBN 978-99243-40-79-9
ページ数 47頁
サイズ 19x14
対象年齢 10歳から
キーワード 空、王女、病気、魔物、治療

Ronkea ning sat chamleak Baytong

  • Ill. Sou, Kimsan | Text:Ouch Sodany
  • Sipar
  • 2020
  • 47 pages
  • 19x14
  • ISBN 978-99243-40-79-9
  • Ages 10 +

本を探す/book search