わたしが鳥になる日(読みもの・原作アメリカ)

サンディ・スターク-マギニス 作 | 千葉茂樹 訳 | 北澤平祐 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『わたしが鳥になる日』

11 歳のデセンバーは、里親の家を転々とした後、エリナーの家に来る。デセンバーは、鳥になるのを夢見て、ヒマワリの種を食べ、肩甲骨の傷から羽がはえてくるのを待ちながら、木の上から何度も飛び降りる。そんなデセンバーに、エリナーは傷ついたアカオノスリを自然に戻す訓練を任せる。デセンバーは、学校で友だちもでき、エリナーの家で少しずつ落ち着きを見せる。デセンバーが実の母親に虐待を受けた記憶と向かい合う様子や、おそるおそるエリナーとの関係を築いていく様子が強く心に残る。(土居)

出版社 小学館
初版年 2021年
ISBN
ページ数 288頁
サイズ 20×14
対象年齢 12歳から
キーワード 里親、虐待、鳥

  • 2021
  • 288 pages
  • 20×14
  • Age 12 +

本を探す/book search