ゴースト・ボーイズ(読みもの・原作アメリカ)

ジュエル・パーカー・ローズ 著 | 武富博子 訳 | 丹地陽子 装画

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ゴースト・ボーイズ―ぼくが十二歳で死んだわけ』

おもちゃの鉄砲で遊んでいた12 歳の黒人少年ジェロームは、白人警官に背後から撃たれて死に、ゴーストとなって漂い始めた。誰にも見えないはずなのに、彼を撃った警官の娘にはゴーストになった彼が見える。何故なのか。また、周りには黒人少年ゴーストたちも漂っており、ジェロームは彼らの話から、黒人が殺された過去の事件を知る。「死んでからのぼく」と「死ぬ前のぼく」を交互に語り、事件の真相、家族の悲しみ、白人警官の裁判の様子などを描く。実際の事件を交えBLM の現実と課題を伝える。(代田)

出版社 評論社
初版年 2021年
ISBN
ページ数 240頁
サイズ 19×13
対象年齢 12歳から
キーワード 幽霊、鉄砲、黒人、正義

  • 2021
  • 240 pages
  • 19×13
  • Age 12 +

本を探す/book search