クロのあたらしいうち(絵本・原作イギリス)

エマ・チチェスター・クラーク 作・絵 | こだまと もこ 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本絵本/picture books

『クロのあたらしいうち』

クロが子犬のとき、母犬はいつも言っていた。ご主人の言うことをよく聞き、道路を渡るときには左右をよく見て、危ない目にあっている人を助けてあげて、と。大きくなり、もらわれていったクロの最初の主人は、野菜畑を見張るよう命令する怖くて冷たい男。クロは一生懸命、畑の番をしたが、レタスを食べるウサギの面倒もみて、男に棒でぶたれる。やがて逃げ出したクロは、町で左右を見ずに道路を渡るおばあさんを見つけ……。優しい犬が自分のうちを見つけるまでを、深みのある温かい絵で描く。『しあわせの3 つのおしえ』(1998)の版元と訳者を替えた新版。(代田)

出版社 徳間書店
初版年 2021年
ISBN
ページ数 32頁
サイズ 28×22
対象年齢 4歳から
キーワード 犬、おばあさん、出会い、居場所

  • 2021
  • 32 pages
  • 28×22
  • Age 4 +

本を探す/book search