橋の上の子どもたち(読みもの・原作アメリカ)

パドマ・ヴェンカトラマン 作 | 田中奈津子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『橋の上の子どもたち』

父の暴力とそれに抗えない母に耐え兼ね、知的障害を持つ姉ラクを連れて家出をした11歳のヴィジ。姉妹は廃墟となった橋の上で、ストリートチルドレンの少年たちと一緒に生活を始める。ゴミを漁るような厳しい生活だが、仲間同士で協力し合い、知恵と勇気で切り抜けていく。そんななかでも、ヴィジはいつか教師になるという夢を持ち続けている。ある日訪れた教会で保護活動をしているセリーナに出会い、やがてラクが病気になったのを機に彼女を頼ることを選ぶ。南インドの子どもの貧困をテーマとしながら、希望も描かれている。(神保)

出版社 講談社
初版年 2020年
ISBN
ページ数 256頁
サイズ 20×14
対象年齢 11歳から
キーワード インド、スラム街、友情

  • 2020
  • 256 pages
  • 20×14
  • Age 11 +

本を探す/book search