ぼくがいちばんききたいことは(読みもの・原作アメリカ)

アヴィ 著/青山南 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『ぼくが いちばん ききたい ことは』

家族をめぐる物語の短編集。両親が離婚して母親と暮らす男の子が、父親と暮らしたいと願い父の家に向かう物語「家に帰る」や、一度も会ったことのない祖父のもとに、いきなり預けられることになった少年を描く「ドリーム・キャッチャー」など、大人の事情で憂鬱な現実を生きることになる少年たちの7つの物語。完ぺきとはいえない家族と暮らす子どもたちは、さまざまな出来事を経て、父・母・祖父が抱える思いやその人生に目を向けていく。多感な思春期の少年の心情と葛藤をユーモアを交えて温かく描き、さわやかな読後感が残る。(代田)

出版社 ほるぷ出版
初版年 2019年
ISBN
ページ数 240頁
サイズ 19×14
対象年齢 12歳から
キーワード 家族 人間関係 思春期

  • 2019
  • 240 pages
  • 19×14
  • Age 12 +

本を探す/book search