おにいちゃんと ぼく(絵本・原作スペイン)

ローレンス・シメル 文/フアン・カミーロ・マヨルガ 絵/宇野和美 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本絵本/picture books

『おにいちゃんと ぼく』

 ぼくは友だちの家ではおもちゃを部屋いっぱいに広げるけれど、自分の家ではお兄ちゃんがつまずかないように散らかさずに遊ぶ。お兄ちゃんは自分だけの犬を持っているし、なんでもよく覚えているし、暗闇でも本が読めて、いいな……弟の目から視覚障害のある兄との毎日を温かく描く。アメリカからスペインに移住した著者は、多文化やマイノリティの視点で作品を多く書いており、本作でも視覚障害をプラスにとらえている。コロンビアのイラストレーターの絵は、やわらかな線画に茶色と灰色を基調にした水彩で穏やかな日常風景を表現している。(福本)

出版社 光村教育図書
初版年 2019年
ISBN
ページ数 32頁
サイズ 22×22
対象年齢 3歳から
キーワード 兄弟、視覚障害

  • 2019
  • 32 pages
  • 22×22
  • Age 3 +

本を探す/book search