ライチョウを絶滅から救え(読みもの)

国松俊英 著、マカベアキオ イラスト

カテゴリー: 日中韓共同プロジェクトノンフィクション/nonfiction

第1回テーマ「環境」

『ライチョウを絶滅から救え』

ライチョウという鳥は、寒冷地でしか生活できない。日本アルプスの高山帯に生息するライチョウは、国の特別天然記念物に指定されているだけでなく、地球上の最南端に生きる種として、世界中の研究者たちに注目されている。そのライチョウたちが今、絶滅の危機にさらされている。地球温暖化による気温上昇によって生息域が狭まっていることに加え、高山帯の生態系が崩れた結果、ライチョウを襲うキツネやテンなどの野生動物たちが高山に侵入し始めたのだ。鳥類学者の中村浩志は、ライチョウを日本の山岳における生態系の重要な鍵と捉え、長年その研究と保護に力を注いできた。そして2013年から始めた「ケージ保護」(ひなをケージに入れて守る方法)の成果があがりつつある。ライチョウを通して自然環境を知り、自然との向き合い方を考えることの大切さを訴える記録文学。

ジャンル:ノンフィクション読み物

出版社 小峰書店
初版年 2019年
ISBN 978-4338321013
ページ数 176頁
サイズ 200x140mm
対象年齢 11歳から
キーワード 環境、ライチョウ、地球温暖化、生態系

  • 2019
  • 176 pages
  • 200x140mm
  • ISBN 978-4338321013
  • Age 11 +

本を探す/book search